読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某平の七転

八倒か八起か考えてみたくない?

ロクでなし魔術講師と禁忌教典の素晴しさ

✴︎ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)はTOKYO-MX等で放映しているファンタジア文庫発の深夜アニメである。

✴︎"ロクでなし"のグレン=レーダスが非常勤講師としてアルザーノ帝国魔術学院に赴任してくるところから物語が始まり、それはそれはロクでなしでまともに授業をしようともしないグレンにヒロイン、システィーナ=フィーベルは業を煮やして突っかかるのだ。そこから2人の関係性は始まっていくわけだが、まずこの作品の何が素晴らしいかと言うとこの制服のデザインf:id:continue0029:20170412134818g:image

である。内容的な話ではないのかって?視覚情報として真っ先に飛び込んでくるのだから仕方ないでしょう。礼服にもなる筈の制服の癖に超大胆なヘソ出しで、ガーターは何故か伸縮性ある素材。ぱっちんぱっちんしろと言わんばかりのぶっ飛び振りだ。涼宮ハルヒの憂鬱にてキョンが「この学校の制服、男子がブレザーで女子がセーラーなのは校長の趣味だと思っている」と述べているのを見てから奇抜な制服は全て校長の趣味だと思うようになった私だが、アルザーノ帝国魔術学院の校長はどんな趣味をしているのだろうか。

✴︎さて、ともあれ第1話にてこの作品の尖った部分が幾度か拝めた。まずはグレンが「遅刻だ」と叫びながらヒロインにダッシュで突っ込んでくる場面。押し倒しハプニングスケベ展開になってもおかしくはないシュチュエーションである。そこでシスティーナがとった行動は「迎撃」であった。迎撃したが故にハプニングが起こる、などといった展開には繋がない完膚なきまでの拒絶を見せ、グレンは哀れ噴水に沈められるのであった。噴水から上がったグレンはシスティーナ達から謝罪を引き出すやいなや勝ち誇りはじめる大人気ないロクでなさを見せつけるが、そこでもう1人のヒロイン、ルミア=ティンジェルに目をつけた。何やら彼女に見覚えがあるようで、ルミアに必要以上のちょっかいを出すグレンはシスティーナによって再び噴水に沈められ、美しい虹と天丼を見せたのであった。

✴︎少しコマが進み、グレンがこれでもかと言うほどのロクでなさを見せつけるのが講義のシーン。まともに授業を行わず自習自習自習。家の力で学校から追い出すと言う脅しが逆効果に終わって怒髪天を突くシスティーナはグレンに手袋を投げつけて決闘の申し込みを行なった。ここで殆どの視聴者が「ラノベアニメ1話特有の決闘だ!」と色めきたったことは想像に難くない。同時に「ここでグレンの特異性が明らかになりシスティーナが彼に一目置くか、そうでなくとも何かしら認める要素を見出すのだろう」とも思いましたね?私は思いました。しかしここからがこの作品の素晴らしいところであり、グレンは瞬殺され、その後見苦しくも三番勝負、五本勝負と小学生のような引き伸ばしを始めるのです。挙げ句の果てに決闘そのものをなかったことにしながら逃走してシスティーナやクラスの生徒に呆れ果てられる、とんでもない展開を見せてくれました。

✴︎アクロバティックな印象の強かった1話に対し、2話でようやく地に足のついた主人公的な強さを見せつけてくれるようになりますが、それでも色々と抜けておりそれが彼の魅力になっているのでしょう。

この春注目のアニメですね!